ニキビ顔の私が勇気を持てたのはトレティヴァのおかげ

トレティヴァの注意点

トレティヴァは国内では未承認の薬品ですが、海外ではニキビ治療をする薬として絶大なシェアと人気を誇っている商品です。
また、アキュテインのジェネリックとしても有名で、薬価の面でもお得な部分、こちらの商品を使う方も少なくありません。

この商品の主成分はイソトレチノインというビタミンA類似物質です。
この成分がどう作用してニキビの治療に効力を発揮している詳細は、いまだに判明していません。
しかし、元々の性質である皮脂の分泌を抑制する作用が、肌のターンオーバーを促進し、ニキビの原因コメドの発生を防ぐとされています。

ニキビの原因は勿論アクネ菌です。
アクネ菌は元々常用菌なのですが、皮脂が多い部分によく生息しています。
更に、善玉悪玉と大きく分けられ、皮脂が多い上、毛穴が皮脂で塞がれているとなると、悪玉が活発化し、ニキビに発展します。
コメドは、皮脂が固まった、角栓と呼ばれるものがこれに当たります。
この角栓が毛穴に蓋をすることで、毛穴を清潔に保てなくなる為、ニキビをより悪化させる一つの原因とされています。

ニキビ治療を目的として使う場合、8か月ぐらいを目安に使用する人が多くいます。
効果としては、2週間位でニキビが目立たなくなる、減ったなどの声が多いようです。

但し、トレティヴァには気をつけなければならない点があります。
皮脂分泌が少なくなることから、非常に肌が乾燥するという状態が起こります。
内服という事もある為、全身に影響を及ぼす場合もあり、目や鼻、口などの粘膜系部位も乾燥が強く出る事もあるようです。
肌だけならば、より保湿が強いクリームを使うなどしてケアも可能ですが、目などに出るのであれば、服用方法を考え直すか医師に相談してみましょう。

また、服用する際も妊婦や小さい子供などは禁忌です。
何故ならこのビタミンA類疑似物質は、催奇性を有すると報告されているのです。
その為、胎児が奇形になる危険や、まだ発達途上の子供の体に悪い影響が及びかねません。

更に軽中度のニキビの治療には、あまり効果がない若しくは副作用が大きく出てしまう等があることから、使用を避けるような注意書きがあります。

ニキビは男女問わず辛い症状なのは十分理解できます。
しかし、副作用等を鑑みて、重度で本当にどうすることも出来ないとなった際に使う究極の薬という形で、この商品は扱うべきでしょう。