ニキビ顔の私が勇気を持てたのはトレティヴァのおかげ

ニキビの対策

主として思春期、大人になってからも身体の各部位にできるニキビは厄介なものです。
顔や背、胸に見られる皮膚性疾患のことを指し、思春期にできるものをニキビと呼び、それ以降にできるものを吹き出物と称します。
これらの疾患は感染症が原因とされていましたが、現在ではその要因は確定されていません。原因は不明とされていますが、低脂肪牛乳との関連、インスリン成長因子1との関連も指摘されています。
また、現在においては生活習慣の変化から日本では人口の90%近くがこの疾患に悩まされています。皮膚疾患としての症状は外面的には同じに見えますが、内的発生要因と外的な発生要因に分けて考えられます。
内的要因を挙げてみると、ホルモン・バランスの乱れ、過剰なストレス、睡眠不足、偏った食習慣がありますが、総じてホルモン・バランスが主要因とされています。
外的要因としては、肌に合わない化粧品の使用、肌が清潔に保たれていないこと、肌の乾燥、紫外線、間違った洗顔方法が考えられます。このように、さまざまな発生要因が考えられますが、自分の発生要因を知ることができれば適切な治療策を講じることができます。
さて、ホルモン・バランスの乱れは、過剰なストレスが引き起こしてることが多いのは明らかだと思われます。
現代の社会では多くの人が男女を問わず、過剰なストレスにさらされており、主体的にストレスをどのようにコントロールするかがこの皮膚性疾患の症状を緩和する鍵となります。この皮膚性疾患は皮膚の炎症なので、皮膚に直接影響するものが外的な要因となります。内的要因とは異なり、たとえば化粧品の使用法を改めることで比較的容易に改善することができます。外的要因から優先的に改善できます。
この皮膚疾患の悪化には過程があり、それぞれの段階において色が変わっていきます。
悪化していく段階で症状も違ってきます。この皮膚性疾患は過剰に分泌されている皮脂が毛穴に詰まり、炎症や酸化を起こします。皮膚は赤い状態です。その後に改善されなければ、膿んだり黒ずんだ痕に悪化をしていきます。上記のように一連の過程を経てさまざな影響を受けながら変色をしていきます。
初期的な段階は赤みを帯びた段階で、皮膚疾患ができたことが分かる段階です。初期段階で改善されない場合、塞がった毛穴には皮脂が溜まり、表面から見ると1ミリ程度の白い丸みを帯びた疾患に変化していきます。